アメリカの相続税ニュース
9月 02

財産の相続をする場合、そうそうあることではないですから相続に関することを調べているだけでも大変なことですが、相続税の手続きを行ってほっとするのも束の間。最後の難関として税務調査があります。
相続税などのことで色々おわり、やっとほっとしたと思ったら次に相続税での税務調査となると大変ですね。
相続税関係での税務調査が行われる時期は、相続税を申告した年か翌年の秋に行われることが多いそうです。
そして怖いことに、この税務調査がおこなわれ申告漏れが発覚する割合がなんと90パーセントにもなるというのです。

相続税の申告漏れによる税金は平均して750万円となっているのだとか。
税務調査による申告漏れの主な相続財産はは現金や預貯金によるものだそうで、相続財産は土地が一番おおいのですが、このようなデータは興味深いですね。

相続税に関する税務調査が来た場合、まずなくなった方の霊前に先行をあげ生前の思い出を聞いてくるようです。
こういった話をする目的にはどういった趣味があったか、どういったところにお金が使われていたかを調査するためです。
税務調査にきた人は課税漏れの相続財産の現物を発見することを目的としてきています。

たまにですが相続人でもしらないような財産が税務調査によって発見されることもあるんだとか。
家族に内緒の預金とかで、税務調査に来てくれたことで発見され税務署員に感謝する人もいるのだとか。
税務調査がくるとなると、とても大変ですがこのような知らなかった財産が見つかると、ビックリしてしまいますね。

Comments are closed.