税務調査時の質問 脱税ニュース
6月 01

節税を考えるとき、相続税の対策として生前贈与というものがあります。
これは相続する時に相続の税金を安くすますために行う人も多いのですが、しっかり考えないと普通に相続税を払うより高くなってしまうので注意しなければなりません。

生前贈与を考えるときは、まず自分の財産がどのくらいあるのか把握することから始めます。
そして法定相続人などを考え相続税がいくらになるかを計算してみましょう。そして相続税は何パーセントの税率が必要になるのかを調べてみましょう。
基本的に税率は贈与税のほうが相続税より高くなります。
ですので、遺産を減らし相続税を減らそうと思っても大抵の場合は高くなってしまいます。
ただ、贈与税には110万円の基礎控除というものがあり、これを利用すれば上手く相続税の減らすこともできるのです。

例えば、毎年相続人に110万円づつ5年贈与すると550万円相続の対象から外れることになります。
ここで注意したいのが、贈与した場合しっかりと記録を残しておきましょう。
相続する際、記録などがなかったら否認さ税金を払うことになってしまうことがあるのです。
そのための記録が必要になるのです。

ですが一般のサラリーマンの家庭であれば、生前贈与をおこなっても相続税対策にならない人もいます。
実は税金がかからなかったなんてこともありますので、自分の資産がどれだけあり、どれくらいの相続税が発生するのかをまず調べてみてはいかがでしょうか。そして税務調査の徹底対策をして見るのもいいかもしれませんね。

Comments are closed.