相続税と税理士さん 税務調査時の質問
4月 02

税務調査で怖い話を聞きました。
近年振り込め詐欺が多発してきましたよね。その手口は年々巧妙なものになっていて、まさかと思うような詐欺に会う人が増えています。
多くなってきているのが役所からの徴収などといって、ニセの役人さんになりすまし、お金を取る詐欺です。
普段からそういった役所からの申請とはあまり関わりがないですよね。
ですので、怪しむことなく、払わなければならないと思い、こういった詐欺にあってしまうようです。

そのような詐欺の一つに税務調査を語る人が突然きて、お金や大事な書類などを押収といって取る詐欺があるようです。
税務調査というのは、あまり普段行われるものではないので、突然そういった税務調査なんてものがきたら、あわてて疑いなくそのニセ税務調査を許可してしまうのではないでしょうか。

金銭だけでなく、重要な書類をコピーして持っていかれてはその損害も計りしれないものになってしまうのではないでしょうか。
そのような被害をなくすためには、相手の身元をしっかり確認しましょう。税務調査にくる税務署の人はキチンとした身分証と、質問検査章というものをしっかりと提示してくれます。まずそれらを確認しましょう。
あと、早朝や深夜、休日や祝日のような日には税務調査は行われませんので、そういった時間帯にきたのであれば疑うようにしましょう。

また本当の税務調査でも、今行われると営業の妨害になるので、後日に連絡して行ってもらえませんかと言うこともできます。被害の合うことのないように注意しましょうね。

Comments are closed.