相続人のいない場合? 詐欺に気をつけよう
3月 03

相続税を申告する場合、税理士さんに頼む場合がほとんどではないでしょうか。

相続税を考える場合ほとんどの人が初めての経験だと思いますので、どういった費用がかかるのかわからないほうが普通ですよね。
相続が発生するとどういったことをしなければならないのか、費用はどれだけかかるのか気になりますよね。

まず相続が発生した場合は、遺産分割と相続税の申告が必要になります。
遺産分割とは相続人が遺産をわける協議をして決めることです。話あって決めたり、遺言などによって決まります。
申告はなくなってから10か月以内にする必要があります。

このときに税理士さんに頼むことになると思いますが、税理士の報酬は相続した遺産の0.5パーセントから1パーセントが目安といわれています。
税理士さんによっても異なりますが、これくらいが相場ではないでしょうか。

もし手続きが必要となり、費用を知りたい場合はあらかじめ税理士さんに尋ねることをお勧めします。
そしてそこで納得できたなら、頼んでみるのが良いかもしれませんね。

相続税というのはとても専門性の高い税金の種類になります。
とても素人でそうすれば良いかわかりませんよね。そして相続税は専門性をもって申告していないと損をする場合も多くあります。そうしたことのないように税理士さんに頼むのが一番だと思います。

普段から税理士さんに頼んだこともなく、どうしたらよいかわからないことも多いと思いますが、まずは相談することがいいのではないでしょうか。
どういったことをお願いしたいのか、費用はいくらほどかかるのか相談してみてから税理士さんにお願いしてみましょう。

Comments are closed.