税務調査と贈与税と相続税 相続税はまだなのか?!
10月 05

相続税の税務調査についてお話したいと思います。
これからの時期、企業や個人に相続税の税務調査が入る時期となってきます。
相続税の調査の多くは申告をしたその年の秋か、翌年秋に入るのです。
約4分の1の割合で調査が入るのだそうですよ!!!
それも金額が多い方が調査が入るという傾向があるようなのです。またどちらかと言えば添付資料の多い方が調査が入らない割合が多いようなんです。
それはきちんと申告されていると考えられるという理由から。

まぁ税務調査を受けてうれしい!なんていう人は少ないと思います。
それをよく理解しているだけに、相続税と税務調査についてもう少しお話していこうと思います。
相続税の税務調査の主な対象は預貯金にあります。
被相続税の財産を名義を変えて相続人にしていないかが中心になるのです。
相続税の税務調査の場合、相続人の口座を見ることがたまにあります。
資金が移動していないかということを調べるので、資金が移動してなければ何の問題もないそうです。

このような相続税の税務調査の場合は、税務署職員に任せきりにするのではなく、ちゃんと専門の人にお願いして立ち会ってもらうようにしなければいけません。
その方が、相続税の税務調査を受ける立場の人も安心して受けることができるそうです。
後から後悔するようなことのないように、分からない場合はプロにお願いするようにしましょう!!

次回は、相続税の税務調査に関係あるかはわかりませんが、税務調査の無記名の割引債についてお話したいと思います。

Comments are closed.